FC2ブログ

ND80Z 日記 その3

さてさて、中日電工さんのマイコンボード、ND80Z3.5
メイキング第3回でございます。

今回は、ちょっと背の高いイケメンパーツ(?)を実装します。

トランジスタやら、電解コンデンサやら。
trc20140721.jpg
ほかに、集合抵抗もつけちゃいます。

こいつらはすべて、極性やピンの位置を気にするタイプ。

でも、実装してみるとなかなか良いよ。

見る角度によっては、街並みに見えなくもない。
trc2_20140721.jpg
人が住んでいそうな。

一方、組み立て説明書にさし紙があった、
「7セグLEDの邪魔になりそうなコンデンサ」がこちら。
c_20170721.jpg
もう、ぐんにゃりと足をまげてあります。
もっとピッチリにすればよかった。

集合抵抗は、ちょっぴりマンションっぽい?
マンション=集合住宅だからかね?
rary_20140721.jpg

左端の方に写っているトランジスタC1815とA1015(見えない)は、
スピーカ駆動用の増幅回路。
コンプリメンタリのペアになっているという事は、プッシュプル?

そんなわけで、いろいろ妄想しつつ
つづくー。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

40pinDIPのZ80ですか!

 何を作ってらっしゃるのかと思えば、Z80 CPUボードでしたか。ModelSIMの話でやって来ましたが、懐かしい部品の写真を見て興味を持ちました。
 が、40ピンDIPのZ80Aに82C55ですか、懐かしすぎます。とうの昔に周辺回路(タイマー、IO、シリアル通信など)を一緒にした物が主流で、未だに流通してるとは思いませんでした。
 最近のPICやらAVRなどは開発環境も充実していて手っ取り早いですが、アセンブラやらメモリへの書き込み・デバッグなどはどうなるんでしょう。さっさと作って報告をしてくださいね。
(i8085のハンドアセンブルをしていた昔が懐かしい私です。)
 当サイトのリンクからボード全体の写真を見ました。まんま40年前のTKなんちゃらキットですね。

Re: 40pinDIPのZ80ですか!

コメントいただき、ありがとうございます。

> まんま40年前のTKなんちゃらキットですね。
まさに、TKなんちゃらを体験したくて購入しました。

このキットにも、当然(?)命令表が付いてきましたので、
まずはハンドアセンブルですかね。

完成が楽しみです。
プロフィール

軟弱

Author:軟弱
趣味で電子工作やってます。パーツ収集癖がたたって、不良在庫に囲まれた生活です。ディジタルもアナログも興味あり。

当サイトの内容は再現性および安全性を保証するものではなく、内容の利用により生じたいかなる損害等についても責任を負いません。自己責任でよろしく。趣味ですから。



twitterやってます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR