FC2ブログ

ModelSimのインストールで苦戦した話

Zet Processor という、おもしろプロジェクト(※個人の感想です)が
あるらしい。

x86のプロセッサを、HDLで記述しているので、
いろいろいじって楽しめそう。

しかし、なぜかうまく動かない。

HDLソースに書き込みしまくって読み直してみても
ロジックの誤りはなさそうな雰囲気。

動くように作ったものが動かないというのは、すごく歯切れが悪いので、
この際、スキルアップもかねてHDL設計の力を鍛えることにした。

で、選んだ教材がこれ↓
HDL独習ソフトで学ぶCQ Endeavor Verilog HDL(Amazonアソシエイト)

で、シミュレーション(テストベンチ)の話も出てきた。
テストベンチって、本で読んでもいまいちピンとこなかったので
セミナーで力をつけるべし!ってことで。。。

で、Alteraのボードを使っているわたくしは、
Quartus II 12.1sp1はインストールしていたのだけれど、
ModelSimは入れてなかった。ので、インストールする。

どうやら最近は、ModelSim-Altera Starter Edition というのがあるらしい。
インストールの時にちょっと苦戦したのが、以下の2つの違い。

・ModelSim-Altera Edition <- こっちはライセンスが要るらしい。
ファイル名:12.1sp1_243_modelsim_ae_windows.exe
こっちをインストールしたら、こんなエラーで起動できなかった。
Fatal License Errorとな。
licenseError.png
MGLS_LICENSE_FILEとかLM_LICENSE_FILEってのは、
ライセンスを取得した場合に指定する、Windowsの環境変数らしい。

無償版狙いなのにこのエラーが出ちゃったら、ファイルがハズレでしたってことで。
次のやつを探しましょう。

・ModelSim-Altera Starter Edition (Free) <- こっちはライセンスなしでOK。
ファイル名:12.1sp1_243_modelsim_ase_windows.exe

ていうかね、ファイル名を見比べて。一文字しか違わないじゃん。

しかも、ダウンロードの途中で共通のページに飛ばされたりするのよね。
頑張って探し出しましょう。

Starter Editionにしたら、無事に起動しました。
疲れたので今日はもう寝ます。
スポンサーサイト



離散フーリエ変換ってなんだっけ?

よく、ミニコンポとかで曲を聴くと、
音の高低に合わせた棒グラフみたいなのが表示されて
音量に合わせて上下するやつがありますね。

いわゆるスペクトラムアナライザとかいうやつですね。

それを作りたいのです。

めっさ作りたいのです。

で、先日のHDLの本を見ていたら、
A/D変換の事例が載っているではあーりませんか!!

周波数スペクトルの算出はフーリエ変換でできますね。

てことは、音声を拾ってFPGAでFFTを掛ければ
スペアナができるのではないか!!

しかし!ここで問題が。フーリエ変換って何だっけ?
しかも、ディジタル回路で扱うので離散フーリエ変換ですね。
さらにさらに、入力データ数が増えると計算量が増えるのでFFTというので対処するのですね。

はい。お勉強の予感です。

というわけで、とりあえず離散フーリエ変換のお勉強から開始。
先は長いぞー。

数値の具体例から手計算で仕組みを知るには、この本おすすめ。

信号解析のための数学(Amazonアソシエイト)

えっ?DFT(離散フーリエ変換)ってこんなことなの?と思うくらい簡単な例が出てくる。
原理がわかりやすい分、実用とのギャップを埋める必要があるけど。

久しぶりに、「わかったときの楽しさ」を実感した気分。
プロフィール

軟弱

Author:軟弱
趣味で電子工作やってます。パーツ収集癖がたたって、不良在庫に囲まれた生活です。ディジタルもアナログも興味あり。

当サイトの内容は再現性および安全性を保証するものではなく、内容の利用により生じたいかなる損害等についても責任を負いません。自己責任でよろしく。趣味ですから。



twitterやってます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR